2/11 高知県骨髄移植講演会
9名のドナー登録
 第15回 高知県骨髄移植講演会が2/11に開催。今年は骨髄移植提供者として安岡さん,また,骨髄移植経験者はそのドナー登録のきっかけになった浩司君が講演しました。安岡さんの話で最終合意に達するまでの安岡さんのお母さんの気持ちが切々と語られ,参加者の共感をえました。また,浩司君のドナーが見つからなかったことのつらかったこと,たった1人の弟がいたからこそ,末梢血造血幹細胞移植ができ,今自分が生きている。やさしさでしか救われない命がある。骨髄バンク多くの人に登録してもらい,みなさんのやさしさで命を救ってもらいたいと,骨髄バンクへのドナー登録を会場の参加者に力強く訴えました。
 午前中には説明員研修が行われ,浩司君をはじめ5人の受講がありました。会の終了後には骨髄バンクへのドナー登録会が行われ,9名の登録がありました。
提供者の安岡さんの講演 骨髄移植経験者としての浩司君の講演
午前中に行われた説明員研修 会終了後のドナー登録会
尾ア正直知事 依光聖一高知県骨髄バンク推進協議会会長
質問する参加者 学生が多く参加
骨髄移植についての講演 ドナー提供者への感謝状贈呈
TWO REX and ダニエル斉藤
inserted by FC2 system